テープ版読者会

内容

トップ

テープ版読者会[ばんどくしゃかい]とは

音訳リスト

取り扱い出版社

出版社が販売・・・なぜ?

ブログ

ボランティア募集

リンク(作成中)

お問い合わせ




幸子さんと私 書影

幸子さんと私  
著者      : 中山千夏
 
収録時間    :5時間37分 
定価       : 1500円+税
底本発行    :2009年8月3日
底本ISBN   :978-4-924718-95-1
音訳CD発行 :2010年1月10日
  
 天才子役、マルチタレント、そして参議院議員と、かつて大活躍をした中山千夏さんだが、母一人子一人として成長し、母親の強い影響を受けていたことはあまり知られていない。
  その母親が死去したのを機に、千夏さんは自分自身と母親との関係をたどるという精神的作業を行い、その母娘問題が決して単なる私的体験でなく、普遍的なテーマを含んでいることを摘出する。
  本書は、直木賞に3回ノミネートされた実績を持つ中山千夏さんが、自分の私的体験を通じて母と娘の関係を見つめ直した異色の問題作である。
  母と息子の場合は「マザコン」と社会に認知された呼び方があるが、母娘の場合はいまだに呼び名がない。事象は存在するのだが、社会はまだそれを名づけるほ どの問題とは見ていない。しかし、この問題は確実に社会的問題となりつつある。自分自身の私的な問題を徹底して掘り下げることを通じて、中山千夏さんは、 母娘の問題を普遍的なテーマとして描き出した。

幸子さんと私 試聴
quality="high" menu="true" wmode="transparent">